« OS・ブラウザ・解像度(2010年10月のアクセス解析より) | トップページ | OS・ブラウザ・解像度(2010年11月のアクセス解析より) »

2010.11.20

Web Designingの誌面から 2010.12

最近のサイトはよく考えて作られているなと思います。
Webの持っているポテンシャルを上手に引き出し、情報メディアという枠から飛び出して、1つの表現活動とも言えそうなサイトも多くなって来ました。

 

…という訳で、先月に引き続き、今月のWeb Designing(2010年12月号)の「WD WEBSITE FRONT」から気になったサイトを勝手ながら紹介してみます。

 

「Exposition Monet 2010」 http://www.monet2010.com/
今月はこのサイトを紹介できれば良いといっても過言じゃないほど素晴らしいサイトです!
ブロードバンドじゃないとキツイですが、是非「旅(JOURNEY)」をクリックしてみてください。モネの描いた世界を本当に「旅」できます。
こういう事が家のパソコンで手軽に体験できる時代になったんですね!
…素晴らし過ぎます。

 

「UNIQLO LAB HEATTECH」http://www.uniqlo.com/lab/heattech/jp/
ユニクロのサイトは常に注目されますね。今回もセンスの良い、…というかセンスそのままをぶち込んであるようなサイトです。
カーソルやスクロールバーを使って映像や音楽をDJがスクラッチするような感じで操作できます。
ヒートテックのプロモーションサイトという事ですが、インタラクティブな映像作品ですね。

 

「浅葉克己デザイン室」http://www.asaba-design.com/
日本を代表するアートディレクターの一人、浅葉克己さん。
いわゆる巨匠です。いわゆる大御所です。それなのに、このお茶目ぶりは…。
こういう事ができる浅葉さん、素敵です!
そして「南京玉すだれ」、必見です。

 

…この他にも紹介したいサイトがいくつかありましたが、それはまたいずれ。

|

« OS・ブラウザ・解像度(2010年10月のアクセス解析より) | トップページ | OS・ブラウザ・解像度(2010年11月のアクセス解析より) »

コメント

先日はお疲れさまでした。
ユニクロは広告もサイトも、センスありますよね。
いつも、宣伝というよりも一つのアート作品という感じを受けます。
浅葉さんのサイトもおもしろい!遊び心満載で楽しませてくれました。
話にあったモネのサイト…すごすぎます。感動を覚えました。本当に旅で来ちゃうんですね。
また、これらのサイトがFlashで作られていることにも驚きました。Flashでここまでできるのか…

最近のサイトは、見せるだけではなく、こちらのアクションに対してちゃんとリアクションしてくれる、
「触ってみたくなる」サイトが増えているんですね。

投稿: kyon | 2010.11.25 23:43

kyonさん、コメントありがとうございます!

先日はお疲れさまでした。
二科展どうでした?

 

見る人が居てはじめて完成するっていうのが、Webサイトの1つの理想形と言えると思うんですよね。
そういう意味では、モネのサイトってかなりの所まで来てると思います。

一方的に伝えるだけの広告でなく、見る側に受け取り方をゆだねるアートでもない。
ある意味、未完成な魅力って云う物をWebは持っているんじゃないかなと思います。

それを的確に、意図的に表現できてるサイトが優れているサイトかなと、最近思います。

 

まあ、偉そうな事言ってますが、そんなサイト僕には作れませんけどね。

そうそう、Twitterひっそりとやってますので、今度教えます。
ではまた!

投稿: exyz | 2010.11.26 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35737/50080823

この記事へのトラックバック一覧です: Web Designingの誌面から 2010.12:

« OS・ブラウザ・解像度(2010年10月のアクセス解析より) | トップページ | OS・ブラウザ・解像度(2010年11月のアクセス解析より) »