« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の4件の記事

2010.10.26

Web Designingの誌面から 2010.11

Web Designingを毎月購読してます。
前は、web creatorsも購読していましたが、今年休刊になってしまいました。残念。

 

…で、Web Designingの「WD WEBSITE FRONT」というコーナーに載っているサイトを毎月チェックします。僕なんかには足下にも及ばない技術で作られているサイトが掲載されますので、毎月かなりの刺激を受けてます。
特に最近は、(僕が言うのもおこがましいんですが…)ネットを使ったユーザーへのアプローチという部分に工夫を凝らして作られているサイトも多く、「見るだけのサイト」から「参加して体験するサイト」への変化を実感します。

 

…前置きが長くなりましたが、11月号の「WD WEBSITE FRONT」から僕の琴線に触れたサイトをいくつか紹介してみます。

 

「A4折形」 http://www.a4orikata.jp/
一見するとFlashで作られているかのようなインタラクティブ性ですが、HTMLで作られています。
デザインも美しく、演出効果も控えめですが効果的で非常にまとまっているサイトだと感じました。
こういうサイト作ってみたいですねぇ!

 

「Ana Somnia」http://www.anasomnia.com/
少女の悪夢を線画アニメーションで描いたFlash作品だそうです。
「夢(悪夢?)」って、とりとめもなくてまさにこういう感じだと思います。これを作った人は天才かもしれません。
Webカメラを使うアイディアもなかなか良いですね。

 

「20XC -BEYOND THE MEMORY-」 http://www.20xc.jp/
いかにも「お金かけて作りました!」ってサイトって実は好みじゃないんですが、たかがSDメモリカードのサイトに映画並みの壮大過ぎる無駄なスケール感がバカバカしくて憎めませんでした。

 

「Levi's|HipMail」 https://hipmail.jp/
バカバカしさで言えばこっちも負けてません!
リーバイスの女性用ジーンズ「Levi's Curve ID」のプロモーションサイトなんですが、閲覧者が入力した文字を「尻文字」で表現してくれます。
さらに出来上がった「尻文字」ムービーを友達にメールできます。
バカでしょ〜! こういうバカさ加減、大好きです。

 

「プログラミン」 http://www.mext.go.jp/programin/
深海ワンダー」を生み出した文科省×バスキュールの仕事です。
「深海ワンダー」を見た時の衝撃は今でも心に強く残っています。その文科省×バスキュールが今度はプログラミングの構造を分かりやすく学べるコンテンツを公開しています。
いやいやいや、毎度の事ながら嫌になっちゃうくらい隙もそつもないですね。

 

…という感じで勝手に取り上げて紹介してしまいました。
興味がございましたら、各サイトを一度ご覧いただくもの良いかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.13

祇園精舎の鐘の声

今度はウィンドウズフォン7ですか…。

 

レコードからCDに変わったように、
ビデオからDVDに変わったように、
フィルムカメラからデジタルカメラに変わったように、ある時期を境にまるでオセロのように、ケータイもスマートフォンに変わってしまいそうな気配を感じますね。

 

文章・画像・音楽・映像がデジタルデータとなり、高速な通信回線が普及し、ケータイからスマートフォンに切り替わってしまうと、いよいよクラウドなんでしょうね。
便利だけど、なんだかとても危険な気もしてます、僕としては。しかし、流れに乗るしかないのでしょう。

 

パソコンや各種ソフトのあり方も変わってくるんでしょうね。
雑誌や新聞、テレビといったメディアもどうなって行くのでしょうか?
もちろん、Webサイトも変わってしまうでしょう。

 

いろんな物の過渡期がすぐそこまで来ているような気配に悶々としながら、目の前の問題を1つ1つ処理して行くしかないのだけれど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.09

iPhoneでWebサイトを見ていると…

メールチェックはもちろん、ちょっとしたニュースなどはiPhoneでチェックするようになってしまいました。
…で、リンク先がPC向けのサイトだったりすると、やはり読みにくいなと実感します。というか、あえてPC向けのサイトをiPhoneで見ようとは思わないですね。
みなさん一部分を拡大して読んでいるんでしょうか?

 

また、文字も思ったより小さいです。
一応、iPhone Simulatorを使って表示状態を確認はしていたんですが、24インチで1920×1200pxの僕の環境だと、実物の3.5インチより画面が結構大きいんですよね。
これがちょっとした誤算でした。
いくら解像度が高くなって表示が驚ほど滑らかになろうとも、3.5インチは3.5インチ。12pxのフォントサイズだと小さく感じるので、通常のテキストが14pxになるようにCSSを変更しなきゃな…等と思ってます。

 

最近の僕のiPhone対策なんですが…、
1)プリント用に背景や不必要な要素を削除して表示をシンプルにしたCSSを作成。
2)それを元に携帯用にレイアウトを再設定したCSSを作成。
3)そのCSSをiPhoneにも流用する。

という方法を取ってます。(…まだ数える程ですが)
この方法だと、HTMLが1種類だけで済むので、管理する側としては手間がかかりません。
(※ホントは携帯用には、それに合わせたコンテンツを再構築する必要があると思いますし、またプログラムでページを振り分ける術も費用も足りませんので、あくまで暫定的です)

 

ただ、iPhone用の設定として、
<meta name="viewport" content="width=320, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no /">
と記述していたのですが、iPadで見た時に(持ってないのでシミュレーターです)思惑通りの表示にならず、いろいろと試している最中です。

 

iPhoneにiPad、AndroidにWindows Mobile…。スマートフォンタイプだったりタブレットタイプだったり…。
AndroidにWindows Mobileなんて、各メーカーや各機種ごとにいろんな画面サイズと解像度で出してくるのではないんだろうか?
今後、その都度、表示の検証をしなきゃいけないようになってくるとしたら…?
う〜ん、頭が痛い問題であります。

 

(スマートフォン対応のご参考までに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.05

ついにiPhoneに替える

10月3日の日曜日、近所のヤマダ電機に夫婦でiPhoneを買いに行きました。
買いに行くとは言っても、
「入荷するまでに1〜2週間程待たなきゃいけないんだろうなぁ…。まあ、今日は予約してくればいいか」というくらいの気持ちで。

しかしなんと、「iPhone 4、本日お持ち帰りできます!」というチラシが貼ってあるではないですか!

続きを読む "ついにiPhoneに替える"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »