« Photoshop でアンチエイリアスなし(MacOS 10.5) | トップページ | Lightboxのクローン、SexyLightBox »

2008.11.29

ページが見つからない時のページを作る

404 Error - Fot Found の対応策|web creators 8月

web creators 8月号の「WEBデザイン スタイルアップTips」に載っていますが、サイトをリニューアルする際に、元のページのファイル名を変えたり、階層を移動したり、削除してしまわなければならない場合も出てきます。
しかし、元のページをブックマークしている人もいるだろうし、元のページがYahooやGoogleなどの検索サイトに登録されている場合もあると思います。
…で、せっかくアクセスしてくれた人に下記のような「Not Found」と書かれたページを表示しまえば、たいがい見るのを辞めてしまいますよね。

Notfound03

そこで対応するエラーページをきちんと作っておきましょう。
仕組みは簡単です。まず、エラーページを適当な場所(仮に「error/notfound.html」とします)に作ります。
次に、「.htaccess」というファイルを作ります。ただし、Windowsでは拡張子から始まるファイルを作成できないので、htaccess.txtなどとしておき、アップロードした後に名前を変更するようにしてください。
…で、肝心の「.htaccess」には、
ErrorDocument 404 /error/notfound.html
という1文を書き込むだけです。
※エラーページに設定した階層にあわせてください!

これでリンク切れのページにアクセスした際に、下記のようなページに導くコトになり、見ている人に親切なサイトになります。

Notfound04

|

« Photoshop でアンチエイリアスなし(MacOS 10.5) | トップページ | Lightboxのクローン、SexyLightBox »

コメント

参考になりました!!happy01

投稿: wao | 2008.12.05 22:10

waoさん、コメントありがとうございます。

また、いろいろと載せていきますので、よろしくお願いします。

投稿: exyz | 2008.12.06 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35737/43264870

この記事へのトラックバック一覧です: ページが見つからない時のページを作る:

« Photoshop でアンチエイリアスなし(MacOS 10.5) | トップページ | Lightboxのクローン、SexyLightBox »