« ActionScript 3.0 で時計を作る | トップページ | ActionScript 3.0 で時計を作る3 »

2008.10.18

ActionScript 3.0 で時計を作る2

ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング

前回紹介した「連載:ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング|gihyo.jp … 技術評論社」というページをもう少し読み進めてみます。

今回は、Dateインスタンスから日付のプロパティを取得して表示させます。日付プロパティを表示するには、TextFieldインスタンスを作成し、TextField.textプロパティに文字列を代入という手順で行います。
ただし、日付プロパティはNumber型ですが、TextField.textプロパティに代入するには、文字列に変換しなければなりません。なので、String()関数に引数としてその値を渡すという作業が必要になります。
気をつけるのはそこだけでしょうか。ある程度ActionScriptに慣れている方なら難しいコトはないと思います。

とりあえず、サンプルです。

↑このFlashデータはこちらからダウンロードできます。

参照元サイトでは年月日の表示だけでしたが、ちょっとカスタマイズして曜日の表示も付け加えてみました。
(…多分、もっとスッキリとしたスクリプトになるハズなんでしょうが、if文を使って不細工なコトをしています。申し訳ない。)

|

« ActionScript 3.0 で時計を作る | トップページ | ActionScript 3.0 で時計を作る3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ActionScript 3.0 で時計を作る2:

« ActionScript 3.0 で時計を作る | トップページ | ActionScript 3.0 で時計を作る3 »