« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の4件の記事

2008.03.12

JavaScriptで文字サイズを変更2

カレント表示対応版|styleswitcher.js

以前、「JavaScriptで文字サイズを変更」という記事を書きましたが、カレント表示(現在どのサイズで表示されているか)でつまずき、結局画像を使ったボタンにして、どのサイズで表示されているか?というコトが分からないサンプルを紹介しました。

実際に文字サイズを変更するような案件が出てきたコトもあり、何か対策がないものかと考えていると、灯台もと暗しというか何というか…、非常に簡単であるコトに気づきました。
styleswitcher.jsで読み込むalternate stylesheetにそれぞれのボタンの状態を記述すれば良いだけだったんですね。

…という訳でサンプルです。

続きを読む "JavaScriptで文字サイズを変更2"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.05

新書マップ

「検索エンジンは脳の夢を見る」、悪夢だったらどうしよう

爆笑問題のニッポンの教養」が好きで、レギュラー番組になってからほぼ毎週観ている。昨日は高野明彦教授という方の「連想検索」というお話だった。

現在はもはや大量の情報を持っているコトが意味をなさない時代になり、"自分にとって"必要な情報をいかに取捨選択できるか?というコトが重要だなと常々思っていた。
価値観の共有なんてできるハズもなく、情報の洪水の中をうまく泳ぎながら、"自分にとって"必要なモノをまとめておく能力が問われる時代になってしまったんだなと漠然と考えたりもした。
乱暴な言い方だけど、この世界は人の数だけ存在すると言ってもいいのではないだろうか?

…難しい話になってしまいましたが、高野教授が研究している「連想検索」とは、まさにそのような感じではないでしょうか?
以下、サイトの言葉を引用してみます。

“2002年に高野が開発した『連想検索エンジン』は、ユーザーの関心を類推し、人間の“連想”と同じように関連情報と関連キーワードを提示することを目指す。この「人の想いを汲み取る検索エンジン」は今、情報の海を泳ぐ新たなツールとしての可能性を秘めている。”
(爆笑問題のニッポンの教養より)

高野教授が開発された「新書マップ」というモノがあるので、是非試して欲しいと思います。
これはもう、僕の脳みそというフィルターを通して"世界"を観ているようで、面白くもあり、恐ろしくもあり…。ただただ素晴らしいです。
僕の脳が見る夢は悪夢じゃなきゃいいんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

JavaScriptでスライドショー

高機能な画像ビューア|JonDesign's SmoothGallery

前回はFlashを使った画像ビューアを紹介しましたが、今回はJavaScriptでスライドショーができる画像ビューアを紹介してみます。

JonDesign's SmoothGalleryというサイトで紹介されていますが、かなりのスグレモノなので要チェックです!
こちらの方は更新が多少手間かもしれませんが、それでも数分で完了するでしょう。何より操作感が素晴らしいです。JavaScriptでここまでできるのなら、プログラムに不安のあるデザイナー(自分のコト)が力技のFlashで作る必要など要らないんじゃないかと思ってしまいます。

ともあれ、サンプルはこちら

続きを読む "JavaScriptでスライドショー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.02

XMLデータを使った画像ビューア

Flashで更新が手軽なスライドショー

あるデザイナーさんからFlashで更新が簡単な画像のスライドショーができないかと訊かれ、右の本に載っていたサンプルを参考に試作品を作ってみました。
XMLファイルからデータを読み込むので、ほとんど更新の手間が要りません。

しかし、小手先だけのFlashじゃもう全然ダメですね。やはりもっとプログラム的なコトを勉強しなきゃ、これからは厳しいとつくづく思います。サイトがどんどんインタラクティブになってきてますからね。

そんなこんなでサンプルはこちら。

続きを読む "XMLデータを使った画像ビューア"

| | コメント (22) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »