« jpgのプログレッシブ | トップページ | ハンカチ王子 »

2006.08.22

論理演算

引き続き仕事の話。
その月が何月かによって、トップページのイメージが変わる仕組みのFlashファイルを作る仕事が入っている。Dateオブジェクトで何月か調べて、例えば1月はお正月のイメージ、2〜4月は春のイメージを当てはめようとした。
仕組みは至って簡単だ。まあでも吾輩のコトだから、すんなりとはいかないだろうなと思っていたら案の定だった。

○月〜○月までという範囲を、論理演算子を使い、「1より大きくて4以下は“春”」としてみたが、まったくうまく行かなかった。ここでもやっぱりなんだかんだと2時間ほど時間を費やす。
悩んだあげく、ここは手堅く(?)一番ずぼらな方法で12カ月分のスクリプトを書く事に決めた。ああ、決めたさ。
しかし、こんなへなちょこなモノでも、プログラムって時間がかかるなぁ…。

追記。
else if を使えば良かったのだと気付く(下記参照)
--------------------
//現在、何月かを調べる
now_date = new Date();
m = now_date.getMonth() + 1;
//外部画像の読み込み
if (m < 2){
    this.loader_mc.loadMovie("お正月のイメージ");
}else if (m < 5){
    this.loader_mc.loadMovie("春のイメージ");
}else if (m < 8){
    this.loader_mc.loadMovie("夏のイメージ");
}else if (m < 11){
    this.loader_mc.loadMovie("秋のイメージ");
}else {
    this.loader_mc.loadMovie("冬のイメージ");
}
--------------------

※if文を箇条書きにしていたのでうまく行かなかったようだ。…お恥ずかしい。

|

« jpgのプログレッシブ | トップページ | ハンカチ王子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35737/11555064

この記事へのトラックバック一覧です: 論理演算:

« jpgのプログレッシブ | トップページ | ハンカチ王子 »