« 天下御免の向こう傷 | トップページ | 『8月のクリスマス』 »

2005.10.02

『Webサイトを作る』というコト

いろんなトコロで評判が良いので前から読んでみたかったのが下の本です。
(スタイルシート・スタンダード・デザインガイド)
cssStandardDG

いやいや、ホントに良い本ですね! Webサイトを作っている人にとっては必須の本だと思います。
発行されてから1年以上になりますが、今からでも遅くはないので、読んでいない方は是非。
Webサイト・コンテンツページを作るにあたって何が必要で何を重視するのか、というコトがよく分かります。
僕は石川県に住んでいますが、このような地方のWeb制作の現場は…、

印刷会社がある程度になっていると思います。 見た目重視で作業が進められていくケースも多いと思います。
特に僕なんかはタグの意味もソースコードも理解しないまま、アプリケーションの機能に頼って見栄えだけ考えてサイトを作っていました。 CSSも使っていましたが、単にフォントサイズを調整するだけ(colorすらHTMLで記述していました)でした。 ホント今から思うと、とんでもないサイト作りをしていたんだなと反省してしまいます。

まず、文章構造ありき!なんですよね。 的確なマークアップを心掛け、アクセシビリティを考え、HTMLは複雑にならないようにし、CSSでレイアウトとデザインを定義する。 そうやって作るコトが結果的にユーザービリティやSEOにも効果的なサイト作りに繋がる。
きわめてシンプルな理論だと思います。 こういう機械的なコトって僕は好きですね。
ある法則に則っていかに効率的に作るか、またはいかに効率的な法則を作るか、そういうコトが好きです。
ソースコードはウソを吐かないからね。 そこがイイですね。

…日々勉強である。

|

« 天下御免の向こう傷 | トップページ | 『8月のクリスマス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35737/6222591

この記事へのトラックバック一覧です: 『Webサイトを作る』というコト:

» このブログもaDesignerで・・・ [Web Master @Style]
Webサイト制作コンセプト [アットスタイル] 長らくWeb業界は、ブラウザできれいに表示できればそれでよい、という誤った認識に縛られてきた事実があります。ただ... [続きを読む]

受信: 2005.10.04 10:09

« 天下御免の向こう傷 | トップページ | 『8月のクリスマス』 »