« 2004年6月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の5件の記事

2004.11.27

日記006 『初営業』

今日は生まれて初めて営業を担当した。
今までも打合せで客先を訪れるコトはあったが、それはあくまでデザイナーとしての立場で、自分が商品を売る訳ではなく一歩ひいた立場だった。
会社の入って2週間、社長の一声で富山まで出かけて商品を売り込んで来る事に…。
満足に商品自体も把握できていないのにである。
出かけるまでの約2時間、上司や先輩に手伝ってもらい何とか説明できる程度にして出発。
行きのクルマの中でも自分なりにいろいろとシミュレーションしてみた。

だが、パソコンを使って説明しようとすると、『そんなのいいよ』と断られ、まず出鼻をくじかれた。
それでもめげずにパソコンをセッティングすると、担当の方を呼んでくれて何とかたどたどしい説明を聞いてもらえた。
しかし、しゃべりはズブの素人。
担当の方が優しい方でホントに良かった。
神様ありがとう!
商品にも興味を持ってもらえ、先方からの要望を聞き、会社に持ち帰って検討するトコロまで持ち込めた。
…しかし疲れた。

帰りは日常を取り戻そうとシネモンドに寄った。
雨と風が強く、夜8時過ぎの片町スクランブルは異常な混雑。
スタートから10分遅れでようやくたどり着く。
浅野忠信主演の『地球で最後のふたり』という映画だった。
今日の出来事の余韻を引きずっていて、なんだか頭に入らなかったなぁ…。
でもまあ、久しぶりのシネモンドはいつものようにイイ感じだった。
映画館か…、できればそういうトコロで働きたかったなぁ。
まあ、そのうち。
その時までにいろいろと人生経験を積んでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

日記005 『ダメ男』

今朝、事故を起こしてしまった。
自転車との接触事故だ。
まったくもってこちらの不注意だ。
1年前もこういうコトがあった。
自動車対自動車だったが。
クルマの運転が向いていないんだろうか?
なにやってんだか。
あれ程、クルマの運転には細心の注意を払おうと思ってたのに。
それでも明日はやって来る。
頼みもしないのに。
明日はどんな事があるだろうか?
心がすり減っていくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

日記004 『初出勤』

いやいやいや、サラリーマンはしんどいね!
3年ぶりに会社で働いた感想である。
もっとも今までがだらけすぎてのだが…。
これでもつんかなぁ、今週?
不整脈が出てきた、イヤマジで。
まあとにかく明日も頑張ろう。
そしたら今週1週間頑張ろう。
それができたら、1カ月頑張ろう。
で次は3カ月頑張ろう。
そして半年、1年… と頑張りたいモノだ。
(今からこんなコト言っててどうする、俺?!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

日記003 『3年ぶりの会社員』

来週から再び会社に就職するコトになった。
いや、三度と言った方が正しいか。
まあ、とにかく会社勤めをする訳である。
それはそれで良かったと思う。
この先、個人で仕事をしていくのは不安だったし、
現に今年の収入はヒドイモンだった。
心残りが1つあるとすれば、ラジオが聴けなくなるコトだなぁ…。

6年前の11月の休日、いつもはCDを聴きながら仕事をしていた。
でも、その日は家に持ち帰って仕事をしてて、
手持ちのCDがなかったんで、「ラジオでも聴いてみるか?」と思ったのがキッカケだった。
スゴク心地良かったんだよなぁ。
リスナーとの密着感があってね。
そして毎日聴くようになった。
メッセージ送るようになるまでに1週間とかからなかったなぁ。
いろんな音楽を教えてもらった。
毎日の楽しみ方を教えてもらった。
ラジオ局が主催するツアーでラスベガスまで行ったモンなぁ…。
そんで、お弁当企画にイラストを使ってもらえるという名誉まで。
ラジオを通してたくさんの時間を共有したなぁ。
楽しかった、ホント楽しかった。
ずっとこういう時間が続くモンだと思ってたよ。

頑張らなきゃな。
ちょっとだけ人として、男として自信もついたし。
やるだけやってみるさ、新しい道でも。
頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

日記001 『Starting over』

この度、自分のWebサイトを作りましたので、ココログもまたやり始めようかなと…。
まあ、新札も今日から発行されるコトですし…。
いい機会かなと…。
…あんまり関係ないですけどね。
(しかし“…”が多い)

まあ、今回は再出発の挨拶としてこの辺で…。
では、また。

〜最近の言いまちがい〜
ジョボ・ミラヴィッチ:正)ミラ・ジョボヴィッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年12月 »