2018.04.20

肺動脈性肺高血圧症

3月下旬に大学病院で2泊3日の検査入院をしてきました。
前回、無呼吸症候群で通っている病院で心カテを行い、肺高血圧症には間違いないのだが、もう少し詳しい検査をしない事には分類できないという事で大学病院を紹介されました。

〜肺高血圧症について〜

肺高血圧症は、大きく分けて5つに分類できるらしいです。

  1. 肺動脈性肺高血圧症
  2. 左心疾患に伴う肺高血圧症
  3. 肺疾患/低酸素血症に伴う肺高血圧症
  4. 慢性血栓塞栓性肺高血圧症
  5. 詳細不明/多因子の機序による肺高血圧症

 

[参考にさせていただいたページ]

 

入院中に、心エコー/胸部CT(造影剤)/心カテ/呼吸機能/経食道心エコーなどの検査、
退院後に外来で、運動負荷心エコー/心臓MRIの2つの検査を行いました。
※次回、肺換気血流シンチグラムという検査があるようです。

検査の結果、僕の場合は「肺動脈性肺高血圧症」との診断を受けました。
肺動脈平均圧が35mmHgあるそうです。(25mmHg以上が肺動脈性肺高血圧症)

 

心臓自体にも、筋膜が固くなっていたり、右心室に大きな瘤があったりと、色々と問題があるようなのですが、生まれつきの心室中隔欠損症を手術する4歳までの間に、ある程度「肺高血圧症」を発症していて、加齢によって症状が悪くなってきたというのが、しっくり来るらしいです。

今後、肺血管拡張薬による治療が始まるのですが、かなり強い薬を使うらしく、1ヶ月程度入院しながらの治療になるそうです。
う〜ん、1ヶ月入院は厳しいなぁ。まあ、仕方ですが。
早めに病気が見つかって良かったと考えときましょう。

 

[参考にさせていただいたページ]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.15

成人先天性心疾患

昨年の夏に、かなりの頻度で不整脈が起こるのとすぐ息切れしてしまうので、無呼吸症候群で通っている病院に相談して、循環器内科の先生に診てもらいました。
ホルター心電図や心エコーの結果などから、中等度の肺高血圧になっていると診断を受け、その原因が何に由来しているのか分からないので、心カテ(心臓カテーテル検査)を行うことに。

先日、1泊入院で心カテを行なってきました。
どうやら「成人先天性心疾患」の可能性が強く、もう一度大学病院で再検査を受けることになりました。

 

さて、成人先天性心疾患とは?

僕は生まれつき心室中隔欠損症で4歳で手術を受けました。
(今から44年ほど前です)
そうやって子供の頃に手術を受けた患者が成長し、問題なく生活していくのですが、今度は加齢の影響で再び何からの症状が出て、治療や手術が必要になる事があるようです。

 

また、問題点もいくつかあり、
1つめは、成長するにつれて生活範囲や生活のリズム・住居の場所などか変化し、循環器小児科から通常の循環器科への移行ができていないという事。

僕も小学生までは毎年検診を受けにいっていましたが、体も成長し、特に問題もなかったので、中学生になった際に行くのをやめてしましました。

 

2つめとして、
(小児科でない)循環器内科医は先天性心疾患を元々あまり診ていないため知識が少ないという事もあるらしいです。

僕も昨年とは別に、30代後半とおととしの2回、不整脈がよく出るので、病院を受診して昨年と同じようにホルター心電図や心エコーを行いました。
その時は、(ニュアンス的にですが)「成人先天性心疾患」という考えはなく、年一回程度の経過観察で大丈夫でしょうという事でした。

※大学病院での検査でも、経過観察で大丈夫という事なら良いんですが(汗)。

 

一応、参考にさせていただいたページを載せておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

Web Designingの誌面から 2013.12

今月のWeb Designing(2013年12月号)の「WD WEBSITE FRONT」から気になったサイトを勝手ながら紹介してみます。興味があればお付き合いの程よろしくお願いいたします。

 

「HOWLT」 http://www.howlt.com/
LOWORKSが手がける新たなレーベル「HOWIT」のオフィシャルサイトだそうです。(なんのこっちゃよーわかりませんが)
一見重たそうなサイトなんですが、実にサクサク動く!
大事ですね、サクサク感。ついつい色々と見てしまいます。

 

「カタチラボ - 瀬戸内国際芸術祭 2013 小豆島 / graf 出展作品」
http://www.graf-d3.com/islandlab_sounds/
grafによる瀬戸内国際芸術祭 2013出品作品だそうです。
写真と音だけのアプローチです。こういうコトって、できそうで出来ないモノだと思います。いいセンスしてますね。

 

「BLESSING - Tadashi URA Art Exhibition 2013」
http://www.twotone.jp/blessing/
画家 浦正さんによる個展「BLESSING」のプロモーションサイトだそうです。
線画によるアニメーションとクリックすると表示されていく言葉、それが音楽とあいまって何とも魅力的な雰囲気を醸し出します。
天才の仕事ですね。

 

「24Colors Of Tokyo - 東京の24色」
http://kuri.nifty.com/mock/201310/tokyo24/
ニフティが運営する「Mockup」10月号の個人研究「ものづくり」内のコンテンツだそうです。
東京の24時間を24色相にわけ画像で表現しています。こういうのも好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

Web Designingの誌面から 2013.11

今月のWeb Designing(2013年11月号)の「WD WEBSITE FRONT」から気になったサイトを勝手ながら紹介してみます。興味があればお付き合いの程よろしくお願いいたします。

 

「ルージュアレーブル|クレ・ド・ポー ボーテ」
http://www.cledepeau-beaute.com/jp/rougealevres/
資生堂のプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」の新「ルージュアレーブル」発売を記念したスペシャルサイトだそうです。(なんのこっちゃサッパリわからん!)
モデルさんが綺麗ですね!このモデルさんが動いてるだけで成功だと思います。昔あったユニクロ時計みたいにね。
それをわかっているのか、余分なことをしていないのがとっても良いです。日本のサイトにありがちな「こんなんもできまっせ、あんなんもどうでっか」というサイトには、少々ゲンナリしてしまいます。
あと、動画がたくさんあるのに読み込み時間がかからないのも素敵です。

 

「オキナワーズ」 http://okinahours.com/
ANAと沖縄県によるスペシャルサイトだそうです。
こちらは逆に豊富なコンテンツをうまくまとめてあるなと思います。
トップのスクロースすると、島を巡るようになっている演出も良いアイディアですね。

 

「堺菊守 重陽」 http://chouyou.kikumori.co.jp/
河村刃物株式会社の新ブランド「重陽」シリーズのサイトだそうです。
シンプルですね。無駄な一切を削ぎ落として必要にして充分というコンセプトでしょうか?
機能美ともいえる商品にぴったりマッチしてると思います。

 

「FOURDIGIT DESIGN Inc.」 http://4dd.jp/service
Web制作会社「フォーデジットデザイン」のサイトだそうです。
いまどきのデザインですね。ページを表示する際のグリッド演出がかっこいいです!
jQueryの「pjax」というのを使っているようです。要チェックですね。

 

「最果タヒ.jp」 http://tahi.jp/
詩人・小説家の最果タヒさんのサイトだそうです。
言葉を生業にしている方らしいサイトですね。インパクト抜群です。日本語で明朝体というのがポイントでしょうね。なんだか呪われそうな不気味さがあります。

 

「WWF」 http://40.wwf.fr/fr/
フランスの環境保全団体WWFの40周年を記念して作られたサイトだそうです。
野生動物が持つ本物の迫力が凄まじいですね!圧倒されます。
…どーでもいいですが、WWFと聞くと、プロレスを思い出すのは僕だけではないハズです。ビンス・マクマホン!

 

「ASITANOSIKAKU アシタノシカク株式会社」 http://www.asitanosikaku.jp/
アートディレクター大垣ガク氏が率いるデザインオフィスのサイトだそうです。
アーティストやデザイナーのサイトはこういう風に独特の世界観が必要ですよね。

 

「Sonia by Sonia Rykiel Fall Winter 2013」 http://www.soniaby.com/en/
映像でコーディネートを紹介しています。少々重たいのが玉にキズですね。

 

「MILE-POST」 http://mile-post.org/
非常にシンプルなデザインながら妙にあたたかさを感じます。

 

今回はなんだか本物の力というか誤魔化さない潔さみたいな物を感じるサイトが多かったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.07

Web Designingの誌面から 2013.10

今月のWeb Designing(2013年10月号)の「WD WEBSITE FRONT」から気になったサイトを勝手ながら紹介してみます。興味があればお付き合いの程よろしくお願いいたします。

 

「Orange History」 http://orange.com/sirius/histoire/en/
フランスの通信会社による電話の歴史を振り返るWebサイトだそうです。
3つのコンテンツがありますが、「histry highlights」は重いです。ただ、クオリティは高いと思います。見せ方も勉強になりますね。

 

「POOL inc.」 http://pool-inc.net/
クリエイティブコミュニケーション会社のポートフォリオサイトだそうです。
トップページの映像が心地いいですね。中村勇吾さんと岡崎智弘さんが絡んでいるようです。さすがですね。
サイト自体のちょっとした演出もセンスを感じます。

 

「Hashima Island: A Forgotten World」 http://hashima-island.co.uk/
いわゆる「軍艦島」と言われる長崎県の端島の隅々を閲覧することができるコンテンツだそうです。
Googleストリートビューを使ったアイディア。モノクロ写真と怪しい音楽、荒っぽい書体が醸しだす独特な雰囲。Webサイトの範疇をはみ出してますね。
制作はイギリスのデザイナーの方だそうです。

 

「Abby Putinski」 http://abbyputinski.com/
サンフランシスコに住むイラストレーター兼グラフィックデザイナーさんのサイトだそうです。
Googleマップを独自の世界観で上手くまとめましたね。丁寧な仕事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Web Designingの誌面から 2013.09